少し愛して、長〜く愛して!

セレッソ大阪&バラエティ
義理・人情、笑いと感動
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
10月17日の巻

JUGEMテーマ:地域/ローカル


敵情視察(岡山編)

16-10-16_15-38
upJR岡山駅西口を出てペストデリアンデッキを渡るとセレッソサポーター歓迎とシティライトスタジアムへのアクセス紹介の看板がありました。
ありがとうございます。

16-10-16_08-01
up奉還町商店街にあったファジアーノの応援の幟。

16-10-16_08-02
up岡山シーガルズと共存共栄です。
| 世界の街角(中国編) | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10月16日の巻

JUGEMテーマ:スポーツ


16-10-16_15-03
明治安田生命 J2 LEAGUE 第36節
ファジアーノ岡山vsセレッソ大阪@シティライトスタジアム

J1昇格争いのライバル対決。
山口蛍選手、キム・ジンヒョン選手が代表から復帰。
ファジアーノは押谷選手が累積警告で出場停止。
これまで、セレッソはファジアーノに負けたことがない。
状況からいうとセレッソが有利に思えましたが…

試合は37分にシュートのこぼれ球を受けた清原選手がソウザ選手にパス。
ソウザ選手のシュートが決まり、セレッソが先制。
ところが、43分、ファジアーノのカウンター。
真ん中でフリーでいた関戸選手がボールを受けシュート。
これが決まり同点に追いつかれる。
前半は1−1で折り返す。

後半に入り、81分にセレッソのCK。
リカルド・サントス選手のヘディングゴールが決まったかと思われたのですが、ファールがあったようで、ノーゴール。
ファジアーノのカウンターをしのぎ切ったが…

ファジアーノ1−1セレッソ

内容は悪くなかったと思うが、今は結果。
2位の松本山雅とは勝ち点差を4に広げられ、4位のエスパルスには勝ち点差1に迫られた。
今日のドローは痛すぎる。





| セレッソ大阪 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10月8日の巻

JUGEMテーマ:スポーツ


16-10-08_16-06
2016 明治安田生命 J2 LEAGUE 第35節
セレッソ大阪vsFC岐阜@キンチョウスタジアム

前節、悪夢の逆転負けを喰らったセレッソ。
J1昇格に向け、連敗は厳禁です。

今節、山口蛍選手が日本代表、キム・ジンヒョン選手が韓国代表に招集され欠場。
GKは丹野選手、ボランチは、山村選手とソウザ選手のコンビになりました。

さて試合ですが、5バックのFC岐阜の守備をどうこじ開けるか注目していたのですが、
19分に杉本健勇選手のクロスに山村選手がヘッドで合わせゴール。
セレッソが先制。
前半終了間際に丸橋選手のFKに杉本健勇選手がヘディングシュートでゴール。
前半は2−0で折り返す。

後半に入ってもセレッソの勢いは止まらなかった。
60分にエンドラインまでボールを運んだ丸橋選手が折り返したボールを玉田選手もヘディングシュートを決め、3点目。
今日は楽勝かと思われた68分。
FC岐阜のCK。
岡根選手のヘディングシュートが決まり失点。
さらにその1分後。
FC岐阜がボールを奪い、レオミネイロ選手にロングボールを供給。
前に出てきた丹野選手をかわして、シュート。
これが決まり1点差まで迫られる。
FC岐阜の追い上げにひやひやしましたが…

セレッソ3−2岐阜

後半もセレッソのチャンスはたくさんあったが玉田選手の1点のみ。
決めるところ決めきれなかったので、試合は思わぬ展開になってしまった。
この時期は内容はいい。
どんな形でもいい。勝利あるのみ。
松本山雅が引き分けたため、勝ち点差は2に縮まった。
とにかく食らいつけ。
執念あるのみ。
| セレッソ大阪 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10月3日の巻

JUGEMテーマ:地域/ローカル


敵情視察(川崎編)<その10>

16-09-25_16-45
up先日、フロンターレのオフィシャルショップが入る、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店さんに行ってきました。

16-09-25_16-48
up店内はハロウィンヴァージョン。

16-09-25_16-49
upフロンターレのグッズの横に、川崎純情小町☆のグッズもありました。
僕の勉強不足ですが、フロンターレと川崎純情小町☆のつながりはよく知りません。
すみません。
| 世界の街角(関東編) | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10月2日の巻

JUGEMテーマ:スポーツ


16-10-02_16-14
2016 明治安田生命 J2 LEAGUE 第34節
セレッソ大阪vs清水エスパルス@ヤンマースタジアム長居

リーグ戦4連勝中のセレッソ。
今節の対戦相手は昇格争いのライバル、エスパルス。
直接対決を制して、自動昇格圏を狙いたい。

試合は一進一退の攻防。
よく守れています。
前半はスコアレス。

後半に入り、先制したのはセレッソ。
71分に松田陸選手のクロス→ファーサイドにいた酒本選手がヘッドで合わせた。
その後もなんとか守りきり勝利は目前でしたが、89分にスルーパスを受けた北川選手にゴールを決められた。
さらにアディショナルタイム、白崎選手にミドルシュートを決められた。

セレッソ1−2エスパルス

勝利を目前にしての痛恨の逆転負け。
またしても悪い癖が出てしまった。
ジンヒョン選手がアクシデントにより交代したため、交代枠が減ったのでゲームプランが変わったのかもしれない。
それにしても最後の最後でなんで守備の寄せが甘くなったのかなぁ。
油断はしていなかったと思うけど。

順位に変動はないけど、2位と勝ち点差を離されたのは痛すぎる。




| セレッソ大阪 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9月30日の巻

JUGEMテーマ:地域/ローカル


敵情視察(川崎編)<その9>

ちょっと古い話題になってしまいますが…

16-09-24_13-31
up向河原駅で撮影しました。
神奈川覇権のポスター。
非常に分かりづらいですが、東急電鉄さんの制服を着ている大久保嘉人選手、気のせいかめっちゃ嬉しそう。
| 世界の街角(関東編) | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9月28日の巻

JUGEMテーマ:地域/ローカル


敵情視察(FC東京編)<その1>

話は前後してしまいますが、23日と24日、私用で関東にいました。

16-09-24_11-53
up東京都渋谷区宇田川町にあるGALLERY 2 渋谷店さんの店頭にある、FC東京の応援自販機。
日本有数の繁華街に応援自販機があるとは羨ましい。

| 世界の街角(関東編) | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9月27日の巻

JUGEMテーマ:地域/ローカル


敵情視察(徳島編)<その8>

16-09-25_16-38

16-09-25_16-39
upセレッソサポーターにも優しい、ヴォルタくんとティスちゃん。

ヴォルタくんは9月10日が誕生日だったらしい。
たまたま、ヴォルティスがアウェイ続きで祝ってもらえなかったらしい。
で、セレッソゴール裏のスタンドに来て、セレッソサポーターにハッピーバースデイを歌ってもらいました。

16-09-25_18-16
upヴォルタくんは上機嫌で自転車に乗って帰っていきました。
(ヴォルタくんの頭にはバースデイケーキが乗っていました)
| 世界の街角(四国編) | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9月25日の巻

JUGEMテーマ:スポーツ


16-09-25_21-03
2016 明治安田生命 J2 LEAGUE 第33節
徳島ヴォルティスvsセレッソ大阪@鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム

前節、雨中の試合を制したセレッソ。
アウェイ連戦、またしても激しい雨が降るとは…

山下選手が累積警告で出場停止。
代わって茂庭選手がスタメンに入りました。
ソウザ選手が1つポジションを下げ、本来のボランチの位置に戻り、2シャドーは清原選手と杉本健勇選手。
玉田選手が1トップの位置に入りました。

試合は前節同様、セレッソがボールを支配し、ヴォルティスがカウンターを仕掛ける展開。
前半はこれといった惜しいシーンも危ないシーンもなく0−0で折り返す。

後半に入っても、ジンヒョン選手、長谷川徹選手ともにファインセーブがあり、なかなかゴールを奪えない。
そんな中、82分、ペナルティエリアでソウザ選手が橋内選手に倒されPKを得る。
キッカーは杉本健勇選手。
PKを落ち着いてセレッソが先制。
これが決勝点となった。

ヴォルティス0−1セレッソ

両チームとも守備を意識しているので、なかなか得点を奪えないことはあらかじめ予想はできていたが、こんなに苦労するとは思わなかった。
ヴォルティスの攻撃の芽を摘み取った、ソウザ選手、山口蛍選手のボランチコンビがよかったですね。
今は試合内容よりも自動昇格圏争いから離されないことの方が重要。






| セレッソ大阪 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9月21日の巻

JUGEMテーマ:地域/ローカル


敵情視察(北九州編)

16-09-17_22-57
upJR小倉駅に貼られていた試合告知のポスター。

16-09-18_12-19
upセレッソ側のゴール裏のゲート前に掲げられた看板。
こういう看板をキンチョウスタジアム、ヤンマースタジアム長居でも掲げたらいいと思うのですが…

16-09-18_12-15
up超アナログ、手動式スコアボード。
ギラヴァンツはこれを逆手にとって、本城陸上競技場のウリにしているようですよ。

16-09-18_12-20
upしかし、このスコアボードを見れるのも今年まで。
来年からは豪華な北九州スタジアムに移転するそうです。

16-09-17_20-00
upJR小倉駅にも、北九州スタジアムの巨大広告がありました。

16-09-18_16-57
upJR小倉駅新幹線口徒歩7分の北九州スタジアムの工事現場を見てきました。
画像左側のスタンドがメインスタンド。
画像右側のスタンドは、おそらくアウェイ側のゴール裏になるはず。

こんな立派なスタジアムができるのに、J3に降格したらアカン。
我々は来年はJ1に復帰するはずなので、このスタジアムで試合することはないはずですが、個人的にこのスタジアムに観戦に行きたいですね。
| 世界の街角(九州編) | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
セレッソ大阪
J's GOAL
Jリーグ2011特命PR部
2011Jリーグ特命PR部員 cccp
ジオターゲティング

ジオターゲティング
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ