少し愛して、長〜く愛して!

セレッソ大阪&バラエティ
義理・人情、笑いと感動
<< 11月20日の巻 | main | 12月4日の巻 >>
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
11月27日の巻

JUGEMテーマ:スポーツ


16-11-20_16-13
2016 J.LEAGUE ROAD TO J1 PLAY OFF 準決勝
セレッソ大阪vs京都サンガFC@キンチョウスタジアム

J1昇格に残された枠はあと1つ。
3季ぶりのJ1復帰に向け、ホームで戦えるのは大きい。
今シーズン、サンガとは1勝1敗1分け。
今日こそ白黒はっきりさせて決勝に臨みたい

セレッソは、先週と同じメンバーで4−4−2のシステム。
前半は五分五分の試合展開。
13分、ソウザ選手がミドルシュート。
これはGKの菅野選手が弾いたもののこぼれ球を柿谷曜一朗選手が押し込み、セレッソが先制。
前半の得点はこれだけでしたが、安心して見れる内容でした。

後半に入っても試合展開は五分五分。
セレッソは再三カウンターでチャンスを得るものの決めきれない。
サンガもエスクデロ選手のシュートは枠を捉えていたが、ジンヒョン選手のナイスセーブで難を逃れる。
このまま1−0で終了かと思われた90分、一瞬の隙を突かれた。
有田光希選手に押し込まれ同点に追いつかれる。
またしても試合終了間際の失点。

セレッソ1−1サンガ

ドローで終わったものの、リーグ戦の順位がセレッソの方が上のためセレッソが決勝に進出。
最後の失点は余計だったが、セレッソの攻撃のリズムは悪くないし、体を張った守備もよかった。
ソウザ選手の運動量も半端じゃなかった(ただ終盤はガス欠を起こしていたが)
終盤のハラハラ感はセレッソらしい?
決勝の相手はファジアーノになったため、来週もホームで戦える。
これはかなり大きい。
油断をしたらダメですが、J1復帰が近づいてきた。






| セレッソ大阪 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:59 | - | - | - | - |









http://parnus.jugem.jp/trackback/2617
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
セレッソ大阪
J's GOAL
Jリーグ2011特命PR部
2011Jリーグ特命PR部員 cccp
ジオターゲティング

ジオターゲティング
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ