少し愛して、長〜く愛して!

セレッソ大阪&バラエティ
義理・人情、笑いと感動
<< 10月23日の巻 | main | 11月2日の巻 >>
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
10月30日の巻

JUGEMテーマ:スポーツ


16-10-30_16-02
2016 明治安田生命 J2 LEAGUE 第38節
セレッソ大阪vs水戸ホーリーホック@キンチョウスタジアム

前節、なんとかドローに持ち込んだものの4位に後退したセレッソ。
もうあとがない。
今節は1トップにJ2初スタメンの澤上選手が入りました。
カンフル剤となりますかねぇ。

さて試合ですが、キックオフ早々にCKのチャンスを得る。
これにヘッドで清原選手が合わせたが、クロスバー直撃。
惜しい!
ところが4分に藤本康太選手がボールを奪われ、平松選手がスルーパスを出す。
そこに走りこんできた佐藤和弘選手ゴールを決められてしまう。
痛いミスからの失点。
先制を許しましたが、23分に杉本健勇選手からのパスをソウザ選手がシュート。
これが決まり、同点に追いつく。

後半に入り、51分に松田陸選手が右サイドからクロスを入れると思いきや、ニアサイドから突き刺すシュートが決まる。
素晴らしい!
押せ押せのゲーム展開。
これで勝利を確信したのでしたが、58分にこぼれ球を佐藤和弘選手に決められ同点に追いつかれる。

セレッソ2−2ホーリーホック

シュート数は圧倒的にセレッソの方が多かったのに、ホーリーホックのGK笠原選手のナイスセーブがあったとはいえ、決めきれなかった。
3試合連続ドローで、ますますJ1への自動昇格が遠のいていく。
3バックにしても失点の仕方は同じ。
素人考えですが、今シーズン調子のよかった頃の4バックに戻した方がいいと思うのですが。



| セレッソ大阪 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:18 | - | - | - | - |









http://parnus.jugem.jp/trackback/2610
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
セレッソ大阪
J's GOAL
Jリーグ2011特命PR部
2011Jリーグ特命PR部員 cccp
ジオターゲティング

ジオターゲティング
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ