少し愛して、長〜く愛して!

セレッソ大阪&バラエティ
義理・人情、笑いと感動
<< 10月8日の巻 | main | 10月17日の巻 >>
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
10月16日の巻

JUGEMテーマ:スポーツ


16-10-16_15-03
明治安田生命 J2 LEAGUE 第36節
ファジアーノ岡山vsセレッソ大阪@シティライトスタジアム

J1昇格争いのライバル対決。
山口蛍選手、キム・ジンヒョン選手が代表から復帰。
ファジアーノは押谷選手が累積警告で出場停止。
これまで、セレッソはファジアーノに負けたことがない。
状況からいうとセレッソが有利に思えましたが…

試合は37分にシュートのこぼれ球を受けた清原選手がソウザ選手にパス。
ソウザ選手のシュートが決まり、セレッソが先制。
ところが、43分、ファジアーノのカウンター。
真ん中でフリーでいた関戸選手がボールを受けシュート。
これが決まり同点に追いつかれる。
前半は1−1で折り返す。

後半に入り、81分にセレッソのCK。
リカルド・サントス選手のヘディングゴールが決まったかと思われたのですが、ファールがあったようで、ノーゴール。
ファジアーノのカウンターをしのぎ切ったが…

ファジアーノ1−1セレッソ

内容は悪くなかったと思うが、今は結果。
2位の松本山雅とは勝ち点差を4に広げられ、4位のエスパルスには勝ち点差1に迫られた。
今日のドローは痛すぎる。





| セレッソ大阪 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:25 | - | - | - | - |









http://parnus.jugem.jp/trackback/2607
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
セレッソ大阪
J's GOAL
Jリーグ2011特命PR部
2011Jリーグ特命PR部員 cccp
ジオターゲティング

ジオターゲティング
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ